寒い。

決して暖かくはない。

けど冬の凍てつく寒さとは違う春の香りが。




でも、焼肉の香りに負けますけど^^

ということで、(お客さんとして)初めて、みなさまお馴染みの焼肉屋さんに行ってきました。

DSCN5144


「アジアン料理が食べたい」という、とっても幅の狭い要望により・・・(パキスタンレストランに挑戦しようとしたら喧嘩になった)

美味しかったです。やっぱり食事は賑やかにわいわいと!

沢山サービスもしてもらったので、また帰国前に行かなくては!




そして本日。

デンマークの運転免許証をゲットしようと思い(何故今更)

Frederiksberg Kommuneに行ってきました。かれこれ10ヶ月ぶりくらい。CPR申請して以来です。

まず電話してみたけど、自動音声が全く理解不能だったので早々諦め、身支度してKommuneへ。

そして、順番待ちの紙を出す機械で、また理解不能。免許って何だろう。

一番「っぽい」と思った「Pas」を選択し、暫し待ち。

担当になったお姉ちゃん(同い年くらいかも・・・)はとても親切で

「あの機械のどのボタン押したら良いかわかんなくってー。」

「ここはパスポート関連よ。でも、きっと助けてあげられるわ。何がしたいの?」と。

あれそれこれそれで、手続き開始。

私がとりあえず持ってきた物で、足りないものがあるかと聞いたら

「あと写真ね!写真。持ってないでしょ?証明写真が撮れるところを教えるから今行っておいで」

と丁寧にメモまで書いてくれました。

んで無事撮影(アマチュアかと思うようなシステムに100KRもとられたのは癪だった)してきて

再び番号札とって、あ、もちろんまた「Pas」で、暫し待ち。

すると今度は違うお兄さん。また説明するの面倒だから

「さっきあのお姉さんに全部話してね、とりあえず必要なものは全部ここにあるよ」

と言ったら

「じゃあ次に彼女のとこがあいたらそこに行っていいよ。今伝えといたから」

と、デンマーク人にしては珍しく効率が良い。またイチから説明し直しを覚悟していたが。



そして、一応ところどころ怪しい、理解できなかった英語があったけど(特に健康診断書がなくても、とりあえず申請できたのがおかしい)が手続き終了。

支払い260KRなり!お、思ったよりずっと安い。500KRは覚悟していたのに。

翻訳も大使館に頼まず知り合いに頼んだので安上がり☆

さて、あとは待つだけです。

が、一緒に預けた日本の免許証は「新しい免許と一緒には返せない」とのこと。日本に帰国する際に、ここに問い合わせろと電話番号を貰った。

・・・絶対捨てられる。もしくは行方不明になる。

と確信。

ま、いいか・・・そういやどうせ来年更新だし、そのまま放っておこうかなぁ・・・(運転しない気満々)

いや、駄目だ。ちゃんと再発行します。

さて、帰国するまでゲットできるでしょうか^^

面倒な手続き系からは全て逃げれるだけ逃げてきた私が

珍しく奮闘した一日でした。慣れないことしたら疲れた・・・


ついでに、高いお金を出して買った証明写真で、ついでに定期券も作ってみた(何故)

簡単に元は取れるし。

ということで、もう私1区間も歩きません。誓います。




午後は友達と約束していたので、Frederiksbergのカフェ開拓。

少し歩いていると

「人参の王様(Cafe Kong Gulerod)」というカフェを発見。

なんかネーミングも面白いし、良さそうな感じがしたので入ってみることに。

DSCN5154


DSCN5151


中は広々。なんか大抵何処のカフェに行っても隣の席が近いのだけど

ここはすごく贅沢に空間を使ってるかも。


DSCN5148


メニュー。これが王様だろうか。

なんていやらしい笑顔だろう。期待以上だw


私はやっぱりビール。だって友達が

「midoriちゃんはビール?」って聞くんですから☆ね。

DSCN5159


相変らずでかいヒューガルデン。

んでおなかが減っていたので

DSCN5161


珍しくサンドウィッチではなくバーガーを注文。

その名も「K.G.Bargar」

人参は一つも入っていませんでした^^

これがねぇ・・・多いのよー毎度毎度。

もちろん全部食べれるけど、「美味しかった♪」って思えるレベルを超えちゃうですよー・・・

満腹すぎて、その後のウィンドウショッピングはなんか腹痛と共に。




とりあえず(?)今日は疲れました。ぐったりー。

なんか免許やら定期券やらランチやらで財布のお札が全部飛んでった。




orz